ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
プロフィール
このサイトはプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当ホームページ主宰は、映像演出家の炭谷壮一です。

当サイトはリンクフリーです。
尚、当サイトで使用した画像及びデータの無断転載を禁止いたします。
ユーザー登録
サイトの閲覧には、ユーザー登録(無料)が必要です。利用規約をよくお読みください。ご登録はこちらから。
新規登録
※尚、ユーザー登録の際は、.jpのメールアドレスをご使用ください。また、携帯メールや一部のメールアカウントでは、登録返信ができない事例があります。gmail/hotmailや携帯メールでの登録をご希望の方は、contactフォームメールから必要事項を明示のうえ、ユーザー登録をお申し込みください。また、ユーザー登録がうまくいかない方も、こちらからご連絡ください。
Contact

注意:6ヶ月以上ログインのない場合は、ユーザー登録が削除されます。
最新の記事内容

富山県知事選挙2020総括(1)「JC軍団VS自民党県連」

  
富山県知事選挙が、10月25日に投開票が行われ、
新人の日本海ガス前社長だった新田八朗氏が、現職で自民党富山県連の推薦を受けた石井雅一氏を破り初当選
8時になるとともに、メディアが一斉に新田氏の当確を打った
これには驚きましたね
よっぽどの大差でないと、早々に当確は出さないと思ってましたので、出口調査でかなりの差が出たんだろうと思いました
最終的な差は、6万票あまりの大差
今回、新田候補は、昨年末に早々の出馬を表明
年明けから、選挙戦に入っていました
前回までは、5月ごろに出馬を表明していましたが、
新田氏の動向をみて、1月には出馬を匂わせ、2月には実質的に出馬を表明
これまでの富山県知事選挙では、ありえなかった長期戦の知事選挙が春には始まったわけで、
で、6月には、
自民党富山県連が、県議による知事候補両氏の演説を受けて、県議の投票で石井氏の推薦を決定
しかし、
新田氏は県連の推薦を受けなくても、知事選に出馬する意向を表明することに
 
7月下旬のKNBと北日本新聞の世論調査では、石井氏が富山市以外で新田氏を引き離し、優位に立っている
そして、
新田氏を支持する富山市の森市長が地盤の富山市でも、石井氏と新田氏がほぼ拮抗していると報道
大票田の富山市で五分、他の票田でも石井氏が優勢となると、ほぼ決まったような感じに受け取られましたが、
正直、この報道に
 
「どうなの?」
 
と、疑問に思ってました
こういう報道もあったこともあり、石井氏の選挙活動がなかなか緩い印象を受けたわけで
新田氏側では、積極的に街頭演説を行い、ミニ集会のほかにも大規模集会も開始
一方、石井氏側は、
これまでのやり方を踏襲して、関係団体や主要支援企業への挨拶回りがメイン
市民側を意識した新田氏に対して、利益団体を意識した石井氏
しかし、
この状況を一変させたのが、8月のお盆ごろに行われたBBTの世論調査
ここでは、新田氏が石井氏をリードしているという報道に
わずか3週間足らずで、結果がこんなにも変わるのか!?
まぁ、世論調査のやり方でも、大きく結果は変わるのかもしれませんが、
ここまで、わずかな期間に変わるとは思えない
そんな疑問を感じたわけですが、
ここで、お尻に火がついたのは、石井候補
というよりも、自民党富山県連ですね
まさか!?
という世論調査ですから、なりふり構わない選挙運動に
自民党富山県連としては、確かに富山市森市長や県議や富山市議の一部が、新田氏の応援に回って、
いちお、保守分裂といわれましたが、
自民党富山県選出の国会議員全員に、自民党県議で4名以外の県議、富山市と滑川市以外の県内首長全員、富山市議会以外の県内市町村議員のほとんど、富山市議会議員のちょうど半分の市議
つまり、圧倒的に石井現知事への支持を表明していますから、数だけ言ったら負けるはずがない・・・
はずでした
で、選挙結果は、・・・、

続きを読む
新★越中国物語について
 いまを遡る事、千三百年以上も昔…、日本海にひとつの国が誕生する。

『越中国』

 それまで、越の国と呼ばれていた今の福井県北部から山形県庄内地方が、3つに分けられて生まれた国のひとつだ。
 新しく生まれたこの国は、今の富山県から新潟県中越地方(長岡あたり)までをエリアとしていた。
 その後、大宝2年(西暦702年)に、現在の富山県と同じエリアが『越中国』となる。戦国時代を経て、江戸時代には、前田家による支配を受け、行政が加賀藩・富山藩に別れるという不遇の時代を経験する。しかし、その間も『越中国』という国は存在し続けた。
 明治維新に、一旦は石川県に組み入れられたが、先人の努力により、石川県から分県に成功する。江戸時代の植民地時代から開放された『越中国』は、『富山県』に名前を変えて、再度、行政も独立を果たした。

 このように、さまざまな時代の変遷を受けながらも、『越中国』は誕生から千三百年の永きにわたり、ひとつのエリアとして栄えてきた。

 しかし、時代は再び激動期を迎えようとしている。

 少子高齢化・財政危機・都市間競争など、『富山県』を取巻く環境は厳しさを増す。このままでは、『富山県』が消滅する危険性も高まってきた。
 千三百年の間、ひとつの国として栄えた『越中国』を、もう一度ひとつの国として、新しい物語を描かなければならない時期に来ている。
 その為には、新しい時代を切り開くフロンティアスピリットとして、富山県に「政令指定都市〜越中市〜構想」を、そして真に越中をひとつにする日本版自由ハンザ都市「都市国家〜越中国(越中都)〜構想」を実現してゆく事が重要だと考える。

 この新★越中国物語とは、地域の誇りを持って、地方国の再生・再建国を目指すシナリオづくりの場であり、『越中国』を思い、「この国をなんとかしたい」と思う方々に贈る、未来へのプロローグでもある。